みんなの薄毛体験談

【薄毛体験談】生活習慣を改善したら抜け毛が止まり、元に戻った!

投稿日:

薄毛体験談 生活習慣の改善

薄毛が気になりだしたころ:30歳ころから
薄毛対策期間:30~35歳(現在)

不摂生な生活がたたり、抜け毛が進行

私は30歳を過ぎてから、抜け毛が酷くなりました。

私の仕事は営業なのですが、外回りで歩くことが多いので、頭に汗をかくことも多く、髪の毛がベタつく日もあります。

また、昼食はほとんど外食で、食べるものと言ったらラーメンや丼モノといったオイリーなものばかりです。
夜ともなると営業で顧客の接待や上司、同僚達とのつきあいも毎日のように続きます。

そんな不規則な生活を送っていたこともあり、私は30歳始めには薄毛になって、その後もどんどんと症状は進んで行ってしまいました。

ショック!わが子からハゲ呼ばわりされ、抜け毛対策開始

そんな私の抜け毛が進んだ頭を見て、幼い我が子が私に向かって「ハゲ!ハゲ!」と言ってくるではありませんか!

私は可愛い我が子からハゲと言われたことがとてもショックで、抜け毛対策をすることを決心したのです。

抜け毛対策用のシャンプーなどを買い込み、毎晩、入浴した時は頭皮の地肌をきちんと洗います。

営業で外を歩き回り、汗をかいたときはきちんとハンドタオルなどで頭皮の汗を拭き取ります。
以前はそんなことは面倒なのであまりしていませんでしたが、このこまめなケアが大切とのこと。

また、お昼ごはんは脂っこいものは絶対にNGというルールにしました。
夜の接待や会社の人たちとのつきあいは避けることは出来ませんので、おつまみでは油物は食べないように心掛けました。

また、ストレスも抜け毛には良くないという話を聞きました。
ストレスは頭皮の血行の流れを悪くして、毛根の寿命を短くしてしまうようです。

ですので、休日には私はスポーツをしてストレスを発散することにしました。
実際にテニスやゴルフと言ったボールを打つスポーツは真剣に取り組むと本当にスカッとしてストレスが発散出来ますね。

生活習慣を改めることで抜け毛改善

そんな「頭皮に良い」生活を私は1年以上も続けました。
最初に変化を感じたのは、朝起きた時、枕につく抜け毛が少なくなってきたということ。
ときには枕に全く抜け毛がついていこともありました!

油物を食べないようになってからは、頭皮のベタつきはだんだんと減りました。

ある日、ふと家内が私の頭を見て「髪の毛が増えてきたんじゃない?」と言うのです。

実際、髪の毛が一本一本、太く、そして黒々となっています。

今では30歳当初のあの薄毛状態は見る影もなく、子供からハゲと言われることもなくなりました!

抜け毛対策は普段の生活を規則正しいものにすることが効果的でしたので、今でも続けるようにしています。

-みんなの薄毛体験談

Copyright© 薄毛タイムズ , 2018 All Rights Reserved.